百科事典

エレミヤの手紙-旧約-

エレミヤの手紙も呼ばれ、イェレミアス書簡は、ローマのキヤノンにおける旧約聖書の作り話本は、バルク書(自身がユダヤ人とプロテスタントの規範に作り話)第6章として追加されます。

グーテンベルク聖書このトピックについてもっと読む:エレミヤの手紙エレミヤの手紙は、バルークの書と同様に、ギリシャ語のエレミヤ書の翻訳とともに保存されました...

この作品は、紀元前597年にネブカドレザル王によってバビロンに追放されたユダヤ人にエレミヤから送られた手紙であると思われますが、手紙ではなく、エレミヤによって書かれたものでもありません。これは、エレミヤ書(10:11)の詩を中心に展開された偶像崇拝に対する論争であり、偽りの神々が滅びることを示しています。バビロニアに住むユダヤ人によって紀元前300年頃に作曲されたと思われるこのテキストは、その強烈さから、偶像崇拝がイスラエルの神への忠実さを脅かしたことを示唆しています。著者の主な標的はおそらく、そのカルトが組織的な豊饒の儀式に関連付けられている農業の神であるバビロニアの神、タムズでした。手紙はギリシャ語でのみ現存していますが、特定の言語および文体の要素はヘブライ語またはアラム語の元の構成を指しています。