百科事典

王立報道委員会-イギリスの組織-

王立報道委員会(RCP)、20世紀にイギリス政府によって任命された3つのグループ(1947–49; 1961–62; 1974–77)のいずれか。これらの領域の改善のための推奨事項を作成します。彼らの助言は自主規制の改革と独占禁止措置に焦点を当てており、主に現状を強化したと見なされた。その保守主義は、​​主にリベラルの伝統の強い影響に起因しており、報道を国家の干渉から保護することに重点を置いています。さらに、歴代の英国政府は、より改革派の勧告を制定することに失敗した。

最初のRCPは、ジャーナリストの全国連合によるいくつかの要請の後に、メディアの所有権の集中がジャーナリズムの自由な表現に与える影響を調査するために招集されました。委員会の1949年の報告書は、「自由企業は自由報道の前提条件である」と述べています。地元の独占とチェーンの所有に関するいくつかの問題にもかかわらず、「集中の度合いは…自由な意見の表明やニュースの正確な提示を害するほど大きくはない」と結論付けた。ただし、買収と合併を監視することをお勧めします。

1962年までに、自主規制の有効性に関するレポートの楽観主義が見当違いであったことが明らかになりました。 「イギリスの新聞、雑誌、その他の定期刊行物の生産と販売に影響を与える経済的および財政的要因」に焦点を当てた第2の委員会は、生産と販売の経済学を考えると、タイトルと集中のさらなる縮小という結論に達しました。すべてが避けられないものでした。しかし、新聞への政府の財政援助を拒否し、代わりに政府が大規模なグループによる新聞の買収案を承認することを推奨しました。また、放送会社の報道による株式保有は「公益に反する」と述べた。

3番目の委員会は、その1977年の結論で、特に高い入力コストと統合の経済のために、新聞の多様性がさらに低下すると報告しました。以前の報告の勧告から離れて、それはまた編集者とジャーナリストを所有者から保護する必要性に言及し、一般市民の選択の自由を維持することの重要性を強調しました。それにもかかわらず、政府によるいかなる形の援助も除外された。代わりに、独占合併委員会へのより多くの事例の紹介、承認のテストの強化(無視されました)、および放送における報道持株の制限を推奨しました。その勧告は1981年の放送法で制定されたが、1990年代に緩和された。

報道のパフォーマンスに関して、RCPは常に自主規制の原則を支持しました。最初の委員会は、基準とトレーニングの問題に対処し、報道研究を促進するために、一般評議会の設立を勧告しました。報道総評議会は1953年に設立され、新聞編集者のみで構成され、新聞の所有者から資金提供を受けました。第二委員会は評議会を厳しく批判し、新聞業界外のメンバーを含めることを推奨しました。その後、規制機関は5分の1の信徒で構成されたプレスカウンシルとして改革されました。 3番目の委員会は、特に新聞社に対する苦情の処理において、その組織の活動に批判的でした。それはその構成、資金調達、および運用における「広範囲にわたる変更」を推奨し、しかし、評議会は改革に失敗し、その目的を達成できなかった。特にタブロイド紙によるプライバシーの侵害のために、法的規制の新たな脅威の中で、評議会は1991年にPress Complaints Commission(PCC)に置き換えられました。 PCCは、そのより制限された権限の範囲内で、一般的にその前任者よりもいくらか効果的な自己規制者と見なされていました。

RCPとその推奨事項はほとんど変化しませんでした。法案を求める報道機関や私的な法案を調査した後の調査にも関わらず、イギリスの報道機関は依然として放送とは異なり、大部分は自主規制されています。さらに、RCPは専門化と公共サービス文化の育成にほとんど影響を与えませんでした。

PCCの時代、イギリスの報道に対する国民の信頼は低いままでしたが、2011年の電話ハッキングのスキャンダルで国のベストセラーの新聞であるNews of the Worldを巻き込んだ最悪の事態に至りました。 Rupert Murdoch's News Corporation Ltd.が所有していた紙の編集者が、何千人もの著名人や他のニュースメーカーのボイスメールを傍受して、個人情報を入手したことが明らかになりました。結果として生じたスキャンダルは、ブライアン・レブソン裁判官が主導する公的調査につながり、その後、報道規制当局に法的権限を与える新しい政府監視団体の創設につながりました。新聞社は、メディア規制の政治的監視は自由報道と根本的に相容れないとの理由で反対しました。